HONDA e これの標準装備はもしかして日本車初? フロントガラス全面のうっすらと入った縦線は何?

どーも、momotaroでございます。

先日、試乗しましたホンダの電気自動車「HONDA e」ですが、

HONDA e
HONDA e

フロントガラスの全面にうっすらと5~10mmぐらいの感覚の縦線が走っているのです。
(下の画像では縦線は見えません😅)

HONDA e フロントガラス
HONDA e フロントガラス

これはなにか?

もしかすると電熱線?
かとは思ったのですが、リアガラスに入ってるのは知ってますが、それは間隔がもっと広いし横線です😅

momotaroが知っているフロントガラスの電熱線は、フロントガラスの曇りや雪を解かすためにフロントワイパーの下に電熱線がある「ワイパーデアイサー」というものです。

Honda | アクセスしようとしたページが見つかりません。

と、そんなことを思い、YouTubeで動画をアップしたところコメントで教えて頂きました。

やはり、デアイサー(deicer)とのことでした。
そして、全面に電熱線が入っているフロントガラスも存在していて、「IRS」という会社の存在も教えて頂きました。(SUBARUがオプションでこちらのフロントガラスをつけていたとか?)

熱線入りフロントガラス | ㈱ アイ・アール・エス
ドアガラスを閉め切った状態の極限走行のラリーなどは車内温度や湿度が過酷状況になり、ガラスが大変曇りやすく一瞬でもフロントガラスが曇ればタイムを大幅に落としてしまいます。当商品はフロントガラス面積のほぼ8割をカバーする電熱線が曇りを瞬時に除去・防止し、ドライバーに最良の視界を確保。

で、さらに調べてみると、「ヒーテッド・ウインドウ・スクリーン」という名称で、「MINI」や「Volvo」等にもついてるのですね😲

ヨーロッパ車では当たり前の装備なんでしょうか?
HONDA e はもともと欧州がメインの車だと思いますので。

さらには、日本で発売されている乗用車でこの「ヒーテッド・ウインドウ・スクリーン」が標準装備されてい車はあるのでしょうか?

なければ、「HONDA e」は日本車初の標準装備車になりますね😊

冬の朝の解氷スプレー作業からも解放されますし、いろいろと便利そうなガラスです。

ただ、割れたりヒビが入ったときの交換費用が凄そうです😅

※ フロントガラスの縦線につきましては、メーカーに確認したわけではありませんので、もしかすると内容に間違いがあるかもしれません。その点ご了承ください。

コメント